ホライズン日本人教会

Horizon Japanese Church

わたしの羊を飼いなさい
2021-04-27
わたしの羊を飼いなさい

2021年4月25日日曜日バイリンガル礼拝



ヨハネ21章15-19
彼らが食事を済ませたとき、イエスはシモン・ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たち以上 に、わたしを愛しますか。」ペテロはイエスに言った。「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」イエスは彼に言われた。「わたしの 小羊を飼いなさい。」16 イエスは再び彼に言われた。「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。」ペテロはイエスに言った。「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」イエスは彼に言われた。「わたしの羊を牧しなさい。」17 イエスは三度ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。」ペテロは、イエスが三度「あなたはわたしを愛しますか」と言われたの で、心を痛めてイエスに言った。「主よ。あなたはいっさいのことをご存じです。あなたは、私があなたを愛することを知っておいでになります。」イエスは彼 に言われた。「わたしの羊を飼いなさい。18 まことに、まことに、あなたに告げます。あんたは若かった時には、自分で帯を締めて、自分の歩きたい所を歩きました。しかし年をとると、あなたは自分の手を伸ばし、ほかの人があなたに帯をさせて、あなたの行きたくない所に連れて行きます。」19 これは、ペテロがどのような死に方をして、神の栄光を現すかを示して、言われたことであった。こうお話になってから、ペテロに言われた。「わたしに従いなさい。」
15 So when they had eaten breakfast, Jesus said to Simon Peter, “Simon, son of Jonah, do you love Me more than these?” He said to Him, “Yes, Lord; You know that I love You.” He said to him, “Feed My lambs.” 16 He said to him again a second time, “Simon, son of Jonah, do you love Me?” He said to Him, “Yes, Lord; You know that I love You.” He said to him, “Tend My sheep.” 17 He said to him the third time, “Simon, son of Jonah, do you love Me?” Peter was grieved because He said to him the third time, “Do you love Me?” And he said to Him, “Lord, You know all things; You know that I love You.” Jesus said to him, “Feed My sheep. 18 Most assuredly, I say to you, when you were younger, you girded yourself and walked where you wished; but when you are old, you will stretch out your hands, and another will gird you and carry you where you do not wish.” 19 This He spoke, signifying by what death he would glorify God. And when He had spoken this, He said to him, “Follow Me.”

イエス様の復活後のお話です。食事を終えられた後、イエス様は、ペテロに話しかけられました。そして、これが、ペテロの再献身の場となりました。再びイエス様がペテロを召しだされました。私たちには、みな召しがあります。神様は、一人ひとりを特別な存在として、なすべき仕事、まことの天職を用意しておられます。よく、私は「どうやって自分の召しが分かるのですか。」という質問を受けます。一つは、あなたの特質、あなたのパッションもあるでしょう。そして、神様からの語りかけと導きが無くては、召しとはいえません。そして、いきなり召しが分かって、すぐそのとおりになるとは限りません。時間を掛け、ゆっくりと人の前にも神の前にも召しが明らかにされていくものです。ペテロも、そのような歩みをとりました。

★ 失敗を通して
ペテロは、失敗をし挫折を経験していました。
失敗は最高の学びです。みなさん、もし今挫折しているのなら、喜んでください。
あなたの召しと賜物は無くなったわけではないのです。

神学生時代、恩師である学院長が言われた言葉に次のような言葉があります。
「勢いあまって壁にぶち当たり、ばたんと倒れる。そこが一番いい位置だ。」と。どういうことかと言うと、働き人というものは、情熱が無くては使いものにならない、しかし情熱がありすぎるのも困ったものだ。情熱がありすぎて勢いあまって失敗して、倒れる、その倒れた状態がちょうどいい具合だ。ということです。

ペテロは、とても理解が早く、ずばっとことの本質を見抜く資質がありました。情熱もありました。しかし、彼の発言は、人間的には立派に聞こえても間違っていたこともありました。そして、一番やってはいけない、イエス様を裏切るようなこともしてしまったのです。

ペテロの失敗… 他の誰が躓いても、自分だけは躓かないと豪語しておきながら、イエス様が官邸で痛めつけられているときに、人に、あなたもナザレのイエスと一緒にいたひとですねと尋ねられて、三回もそんな人は知らないと言ってイエス様を否定したこと。

ペテロは、恥じていたことでしょう。こんな自分が再び、イエス様がよみがえられたとしても、共に神様の働きにあずかるに値しないのではないか。自分が、りっぱなことなど、できるはずはないと、消沈していたに違いありません。だからこそ、彼は、古い仕事、漁に出たのです。

イエス様が、このいわばどん底にいたペテロに徐々に考えを変えて、イエス様に深く結びつき、召しを再び受け取るようにされたかを見て行きましょう。

★ 古いやり方との決別
V15 「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たち以上 に、わたしを愛しますか。」「これらのもの以上に。。。。」, “Simon, son of Jonah, do you love Me more than these?”
イエス様は、この世のやり方、古い働き方と、天の国のやり方、新しい働き方とは違うことを改めて教えました。
日本語では、「この人たち以上に」とありますが、英語では、these と訳されているとおりに、何をさしているのか少しぼんやりしています。言語のギリシャ語では、これらのこと、these matters これらのものthese things, このようなもの such things となっています。イエス様は、きっと、先ほど漁に出たこと、洗った網や、魚をさして話されたのだと思われます。

古い働き方。。文字通り古いやり方、または、慣れ親しんだこと、習慣、また人間的なやり方、とも取れると思います。

今日は、日本人教会最後のバイリンガル礼拝ですが、
日本人教会も始まってから早くも13年が経とうととしてます。神様は新しい方向に導いて下さろうとしています。今まで慣れ親しんできた形から新しい

イエス様は、これからどうしたらいいか迷いがあったペテロに、世の働きよりも、わたしを愛しますか? すなわち、イエス様を信頼して、天の働きをしますか? と聞かれたのです。

ペテロは、考え方を新しく変える必要があったのです。新しい視野を持つこと。みなさんも、イエス様に従いたい、と思いますか。天の国のための仕事をしたいですか。


★ 神の働き人の資格 愛の測り
「イエス様をアガペーで愛しますか?」
今日読んだ箇所の通り、イエス様は、ペテロに面と向かって尋ねられました。「ヨハネの子シモ ン、あなたは、わたしを愛しますか。」フルネームで読んでいますから、イエス様は大変重要な ことを言われようとしています。
ギリシャ語では、「愛」するという言葉に、三つの種類があります。
① エロス、肉体の愛、奪う愛、相手に求める愛。
② フィレオー、友愛、ギブアンドテイクの愛、条件付の愛。そして、
③ アガペー、最高の愛。神の愛。一方通行の愛、無条件の愛。   
イエス様は、ペテロに、最高の愛、アガペーの愛でイエス様を愛しますか。と問われています。
イエス様は、続けて三回同じような質問をされます。そして、日本語では、全て愛しますか。となっていますが、言語では、一回目と二回目がアガペーとなっています。無条件の愛、捧げつくす愛で愛しますか?と聞かれました。
考えてみてください。それを言われたのは、全てをペテロのために、またあなたのために捧げつくしたそのお方が聞かれてるのです。あなたも全部捧げますかと。
しかし、ペテロは、二回とも、「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」“Yes, Lord; You know that I love You.” アガペーでなく、フィレオーの愛で愛することは、イエス様、あなたがよくご存知です。フィレオーでなら愛せます。。。といいました。ペテロは、イエス様を裏切ったことで、自分のありようが良く分かったのです。気軽に、できるなんて言えるものではないと。。。
ペテロ、変わりましたね?!
今までは、背伸びしたり、立派なことを言おうとしたり、絶対に離れないなんて豪語したりしていたのに、失敗を通り、自分の身の丈が分かったペテロは、自分はアガペーでなく、フィレオーの愛でなら愛せることは、イエス様がご存知の通りです。と告白したのです。これは、大きな変化です。
それで、良いのです。ありのままの姿で、そのままで主に仕えたらいいのです。
失敗と挫折を通らずして、ありのままの自分の姿で神についていけないのです。
みなさん、私たちは、ここを読むときに、イエス様をアガペーの愛で愛することが、働き人としての入学試験に合格することだと思いませんでしたか。イエス様をアガペーで愛することが前提条件だったら、prerequisite イエス様は、ペテロのフィレオーの答えの後に「わたしの羊を牧しなさい」とは、言わなかったことでしょう。
イエス様は、三度目には、レベルを落として、ペテロに「フィレオーで愛しますか?」と聞かれました。そして、その上で、もう一度、「わたしの羊を飼いなさい。」と言われました。
みなさん、私たちは、時々、たくさんイエス様を愛するものが神様の働きをすると思うのです。しかし、イエス様は、ありのままで、そのままで、イエス様を愛したら言いと言われているのです。
そして、もう一つ、大切なことを覚えていただきたいのです。神の召しとは、あなたの思いや、あなたの能力よりも、あなたの意思の強さ、コンディションに関係しないのです。神の召しの方が圧倒的に強いのです。私たちの側で、するべきことは、ありのままの姿で、「はい。イエス様。そうします。」と答えることなのです。 

★ 仕え方の変化
18 まことに、まことに、あなたに告げます。あんたは若かった時には、自分で帯を締めて、自分の歩きた い所を歩きました。しかし年をとると、あなたは自分の手を伸ばし、ほかの人があなたに帯をさせて、あな たの行きたくない所に連れて行きます。」19 これは、ペテロがどのような死に方をして、神の栄光を現す かを示して、言われたことであった。こうお話になってから、ペテロに言われた。「わたしに従いなさ い。」. 18 Most assuredly, I say to you, when you were younger, you girded yourself and walked where you wished; but when you are old, you will stretch out your hands, and another will gird you and carry you where you do not wish.” 19 This He spoke, signifying by what death he would glorify God. And when He had spoken this, He said to him, “Follow Me.”

今までのペテロは、自分の意思の強さをもってイエス様について行きました。誰よりも、イエス様に仕えるのだという、「私が」、「自分が」という思いで働きました。しかし、「アガペーの無条件の愛で私を愛しますか。」というイエス様は、すべてをイエス様に明け渡すこと、サレンダーすることを示されました。
今度は、自分のやりたいようにではなく、むしろ、やりたくないことをやるようになるんだよ。と言われたのです。
これは、ペテロがどんな死に方をするかが暗示されているのだと言っていますが、考えさせられます。
無条件で主を愛するということは、必ずしも、自分のやりたいことをやりたいようにやることではないのだということです。全くの主への明け渡しの人生。主に委ねて、主にそのつど従っていく人生なのだと思わされます。
教会の移行期にあって、このメッセージは私たちに何を意味しているでしょうか。それは、一人一人が日本人の伝道者となり、牧者となることです。神様は、それが出来る人たちであると認めたから、この形を与えてくださったのだと思います。一人一人が主に繋がって主に従って行くことです。あなたの周りに飼うべき羊が備えられているのです。
あなたは、イエス様を愛しますか。イエス様の羊を飼いなさい。


戻る