ホライズン日本人教会

Horizon Japanese Church

Who does gaslight?
2021-02-22
映画Gaslight のワンシ...

映画Gaslight のワンシーン。入れておいたはずのブローチが無くなった。実は、パートナーがわざと前々からお前は忘れっぽいと言い続け、ブローチをプレゼントして、それを自分が隠して見つけたのです。妻は私は頭がどうかしてしまったのかしらと思います。

ガスライティングは、虐待者、ナルシシスト、独裁者、カルト指導者が1人または複数の人を支配するために使用する操作戦術のパターンです。 目標は、犠牲者に自分の現実に疑問を投げかけ、自分に依存させることです。すなわち、自分が常に優位に立ち、相手をコントロールし続けることが出来るようにするためです。

ガスライトをする人ってどんな人でしょうか。

ガスライトをする人は、とてもナルシスティックです。
すなわちエンパシー、共感することが出来ない人です。相手の身になって、自分をその状況において思いやると言うことが出来ません。
共感のようなものを見せるときがありますが、必ず自分のプライドに結び付けます。
「私はあなたのようでなくてよかったわ」、のようなことを言ったり、「自分はそんなことを言われたことが無いわ」、などと、ちょっとピントがずれた共感の仕方をします。

また、弱さを人に全く見せず、(弱さを持たない人は一人もいないのですが)
人が弱さを見せるとその弱さをついて攻撃しがちです。
武士の情けというものは全くありません。
例えば、あなたが、「私最近忘れっぽいのよね。年かな。」なんて言うと、
そこをついて来ます。「また忘れたんじゃないですか? 年だから忘れやすいってこないだ言ってましたよね」なんて、人の弱さをかばったり、慰めるよりも突いて来ます。

よくある質問に、彼らは知っていてやってるのか、それとも知らないでやっているのかということ。答えは、両方です。

ガスライトをする人は、自分が幼い時に親からそうされて育ったような人がいます。
その人はもしかして知らずにしているのかもしれません。また、長年ナルシストに苦しめられた人は知らず知らず同じような行動をとる場合があります。
ガスライトをする人は、人格障害を患っている場合が多いです。これも、トラウマに根付いていますので、治療が必要ですが、人格障害の方は、普通治療に行きたがりません。
少しの脆弱性も持てないので、自分に問題があることを認めることが難しいのです。
幼い時に、中毒をもった親に育てられた、育児放棄があった、捨てられた、また文字通り捨てられなくても、環境的に心理学的に捨てられた感を持っている人などと、通常深刻なトラウマを抱えてい事があります。

ですから、それに引き寄せられる人、犠牲者となる人は、「私が癒してあげたい」と、思って一緒になることが多いように思います。

ガスライトをする人が、優しい素振り、反省、共感、そのような態度を見せたり、弱さをみせるようなそぶりを見せることもありますが、それは相手を取り込むためであることがほとんどです。

もし、あなたのパートナーが、これに当てはまるなら、ぜひ、お近くの専門家にご相談ください。

あなた自身を信じてください。あなたが言ってもない事を、絶えず、いや言ったという人に出会ったら、ぜひ注意してください。


戻る