ホライズン日本人教会

Horizon Japanese Church

涙の証人
2020-08-16
わたしがあの日、どれほど泣いた...

わたしがあの日、どれほど泣いたか、
誰も知らない。

誰でも、もう涙が出なくなるのではないかと思うほど、泣いた、という経験があるのではないでしょうか。

泣けたらなんとなく、落ち着いた。。。みたいなことも。

大人になって、責任が増えたり、何だか、泣きづらくなる時もありますよね。。。

誰かの前で泣けたら。。。。
誰かの前で泣いて、その涙の意味を理解してもらったら、
それは、パワフルな経験です。

慰められます。


一人でなく程、孤独なことはありません。
人に理解されないことほど、孤独なことはありません。

私のお仕事は、牧師もセラピストとしても、涙の証人となることです。

たくさんの涙に寄り添ってきました。。。

いろんな涙がありました。
後悔の涙
罪悪感の涙
悲しみ、喜び、不安、怒り、あきらめ。。。。。。混乱。どうしていいか分からない涙。などなど。

涙は誰かに受け止めてもらえた時、
何か違う力を持つような気がします。

なんとなく、明日もう一度立ち上がってみようって思えるのです。

ここ、二、三日はそんな日でした。
自分がなくなるほど泣いてしまった、泣くしかない人たちに出会いました。

尊い時間です。
聖い出会いです。

文字で言い表せない、何か、神がかりなことが起きるからです。

そんな、あなたの涙を大切に思っている、今日の私です。

誰かにあなたの涙が受け止めてもらえますように。
お祈りしています。


戻る