ホライズン日本人教会

Horizon Japanese Church

キリストの誠実さによって
2020-08-13
パウロは獄中から書いた手紙に、...

パウロは獄中から書いた手紙に、喜びましょうとたくさん書いています。不思議でしょ?

2020年8月9日日曜日バイリンガル礼拝メッセージ


コロナ禍がいつ収束し、そして、コロナ前の生活に戻れるのか分からないと言う、今もう、四か月、五カ月と続いている状態で、精神的にも追い詰められている方が多いのではないでしょうか。日本は、ワシントン州よりもずっと自由があるようですが、こちらは、まだまだ、ビジネスも停滞していますし、様々な不便を感じています。シェルターでも、精神的な悪影響がでています、そういう私も最近鬱っぽいなーと感じている次第です。
適度な運動や、制限内でのリクリエーション、気分転換はとても大切です、そして、信仰面でもいろいろと試されるのではないでしょうか。人と自由に会えないので、励まされる機会もへっているのも事実です。今日は、パウロの言葉から信仰について学びたいと思います。

ピリピPhilippians 4:11-13
11 乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。12 私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。13 私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。
Not that I speak in regard to need, for I have learned in whatever state I am, to be content: 12 I know how to be abased, and I know how to [e]abound. Everywhere and in all things I have learned both to be full and to be hungry, both to abound and to suffer need. 13 I can do all things through Christ who strengthens me.

★ピリピ書 Letter to Philippians
この書はパウロがローマでとらえられ牢屋に入れられていた時にピリピという町の信徒たちにあてて書いた手紙です。この教会のできたいきさつなどは使徒の働きに書かれています。パウロは、イエス様を伝えるためにあらゆる苦難にあいました。何度も死ぬほどの目にもあいました。そんなパウロが、異教の地で信仰を守っている聖徒たちに手紙を送りました。パウロは、ピリピの人たちから救援物資を受け取ってその感謝も伝えています。よくぞ、パウロの苦しみと心を共にしてくれた、と。あまりある霊的な祝福を祈りながら。苦しい時の折にかなったこくりもの、助けは、たわしたちに孤独ではない事を知らせ、神の御手が守っていることを確信させます。私たちもそうなりたいものです。ピリピ書は喜びの書ともいわれています。喜ぶことが勧められています。パウロは困難の中で喜びの書を書いているのです。

◎パウロは、ピリピの人たちがパウロのことを思って贈り物をローマに送ってくれたことの感謝を表す中でこう云います。
★私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。V11 for I have learned to be content whatever the circumstances.
パウロは、食べ物やお金がない状態であり、牢屋に入っている状態でるが、満たされている。というのです。幸福だ。というのです。そして、パウロは、私はその秘訣を習得したというのです。パウロは、様々なことを経験する中でそれを学んだというのです。

◎12 私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。12 I know what it is to be in need, and I know what it is to have plenty. I have learned the secret of being content in any and every situation, whether well fed or hungry, whether living in plenty or in want.
豊かさにおいても、貧しい時にも、ミニストリーが成功している時でも、捕らえられているときでも、どんな時でも満ち足りる秘訣を学んだというのです。
私たちは、境遇に左右されるものです。私たちはまた、富んでいるときには高慢になりけちになり、貧しい時には卑屈になって自分を低く見るものです。しかし、私たちの身分は私たちの境遇に左右される必要がないことを今日覚えていただきたいと思います。
なぜなら、パウロは、どんな状況の中でも、満たされることができる。というからです。
ただし、それをあなたが習うなら、です。パウロもそれを学ばなければなりませんでした。
今日、あなたが行きずまっていると感じるなら、チャンスです、あなたも満ち足りる秘訣を習うことができます。

◎13 私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。13 I can do all this through him who gives me strength.
パウロの秘訣は、イエス・キリストです。ピリピ書にはIn Christ キリストにあって。という言葉がよく出てきます。キリストにあって、キリストの中にいれば強められる。どんなことでもできる。というのです。
どんな状況にいても、どんな境遇にいても、その境遇があなたのアイデンティティを変えることはできない、あなたの心を操作することはできないのです。
キリストにあって、あなたは、神の王子王女とされたからです。キリストにあって、あなたの国籍は天にあるからです。キリストにあって、あなたは誰の奴隷でもないからです。キリストにあってあなたは自由だからです。神の子だからです。

★信じることがキリストとの関係の原点 To Believe is connection with Christ

ギリシャ語で、信じるは、ピステオー…pist-yoo'-o; from G4102; to have faith (in, upon, or with respect to, a person or thing), i.e. credit; by implication, to entrust (especially one's spiritual well-being to Christ):—believe(-r), commit (to trust), put in trust with.
それは、
それは、誠実であるイエス様を信じる、信頼すること。faithfulness これは、誰に対してか、ということがいつも問われます。あなたを信じていますよ、という時には、必ず、私たちが忠誠を誓ってお従いしているキリストにあって信じるという意味が込められているのです。
私達信仰の土台はイエス・キリストにあります。自分に起因しない。自分のおかげで信じれるのではなく、キリストがしてくださったことにより、信じれるし、キリストは裏切らないので信じれる。

私達が、自分の境遇や、持ち物の足りなさ、などに焦点を置くなら、自分の荷が重すぎて、全てか不可能に感じてきます。しかし、キリストに焦点を置くなら、全てが可能となります。
自分から神に目を移し、信仰の目を移す時に、全てが変わります。

へブルHebrews 11:1
信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。
Now faith is confidence in what we hope for and assurance about what we do not see.
へプルHebrews 11:6
信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。
And without faith it is impossible to please God, because anyone who comes to him must believe that he exists and that he rewards those who earnestly seek him.

★ある伝道者のエピソード
私の恩師の一人の若い働き人時代のお話しです。
その日は給料日、家ではお腹を空かせた子供たちと妻が待っていました。
しかし、帰り道に、その伝道者は貧しい人に出会いました。そして、その人に給料を全部上げてしまったのです。
家に帰ると、給料日を楽しみにしている家族が待っていました。
しかし、事情を話すと、妻は咎めることも慌てることもなかったそうです。
妻は、子供たちもみんな食卓に集めて、聖書を開いて生ける神の言葉をいただいたそうです。
その日は、心が満たされたと、教会設立の記念の書でよんだことがあります。

その教会は、大きくなり、そして安定していて、いつも恵まれています。

どんな境遇の中でも、キリストを中心とし、キリストから目を離さない。という、信仰の故に、不思議な満たしが続いているのです。

私達も、境遇や足りなさに目を向けるのでなく、イエス様に目を向けて行きましょう。キリストは、誠実なお方ですから、またご自分を死にまで至らしめて私たちをケアしてくださる方ですから、信じる者を必ず満たして下さいます。

へブルHebrews12:2
信仰の創始者であり、完成者でイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。
looking unto Jesus, the [a]author and [b]finisher of our faith, who for the joy that was set before Him endured the cross, despising the shame, and has sat down at the right hand of the throne of God.


戻る