ホライズン日本人教会

Horizon Japanese Church

ノースキャロライナで葬儀式
2020-08-12
何か土地の名物的な美味しいもの...

何か土地の名物的な美味しいものをと、探して。精肉店のバーガーをテイクアウトしてみました。第一日目。

コロナ前は、精肉店はこんな風に...

コロナ前は、精肉店はこんな風にイートインできたそうです。

そして、ホールドーナツというお...

そして、ホールドーナツというお店。ここの手作りドーナツは、めちゃめちゃ美味しかった。コーヒーも良かった。一番いいのは、タックスが安いこと。。。
ホテルでも何も食べるものが手に入らないので、美味しいものを検索して、食べました。。。

突然、ケニーさんが天に召されて、もう一か月がたちました。
ケニーさんの突然の死から二週間、実家のあるノースキャロライナで葬儀式が持たれました。

エリックだけが行く予定でしたが、急きょ私も行くことになりました。

行ってよかったです。

ご家族とも会えたし、何より、ご家族の中では、ケニーさんが日本に行ってからあえてなかったので、私が日本人ということで、歓迎されました。

教会の方々は、私が日本時代の友達なのかと思ったほどでした。

エリックはスピーチをしました。
前日スピーチのために、いろいろと思い出ばなしをしました。
泣いたり笑ったりしながら。。。

ノースキャロライナは遠かったです。
緑が豊かで、のんびりした感じでした。
なんだか私の田舎にそっくりでした。
ケニーさんの育った教会も、私の母教会のような雰囲気でした。
牧師先生も優しかった。

時差は三時間。飛行機で、七時間くらいかな、私たちは乗り継ぎがたくさんあったから、日本に帰るよりもずいぶん長い間飛行機に乗っていました。

ノースキャロライナもマスクをみなさんつけていて、お店もテイクアウトのみでした。

どうせどこかで買って食べるなら、美味しいものを食べようと、Yelpで調べてレーティングの高いところでテイクアウトしました。

たった三日の旅でしたが、
たくさん思い出話をして、いろんな人に会って、納得するたびでした。
また、初めて、霊のいなくなったケニーさんの身体にも対面しました。

自分の中で、死を受け入れることが出来た旅となりました。
教会にはまだまだケニーさんの死んだことが突然すぎて、受け止めることが出来ない人も多くいます。

不思議なことで、人は、いなくなってから、その人のインパクトに気づいたりするものです。
ケニーさんの人生からたくさん教えられています。

今も心の中でケニーさんは生きています。

そして、天国で再会できるのが楽しみです。
ノースキャロライナ、行ってきたよーって話せる日がいつか来るんですね。天国で。


戻る