ホライズン日本人教会

Horizon Japanese Church

新着情報
感謝のヒント
2020-06-21
感謝は心理学のリサーチでも、私たちの脳内から私たちを幸福にするホルモンが出ることが広く知られています。 また、慢性的な身体の痛みを持つ人の生活の質が上がることが分かっています。 感謝することはいいことばかりのようです。 でも、どんなことについて感謝したらいいか、 急にあげてみようと思っても分からないかもしれません。 そんなとき、これを参考にしてみてください。 1 私が感謝する、わたしの長所は 2 ...
あなたは一度しか生きられない。...
2020-06-20
私は、クリスチャンですので、輪廻転生は信じてなくて、 地上に生きる人生は一度きり、また、人は、一人一人大切に目的をもって造られているということを信じています。 そして、私は二十歳でクリスチャンになったのですが、 クリスチャンになってみて、生き方が変わりました。 それは、自分の生き方を大切にするようになったことです。 それまでは、傷ついていたこともありますし、 自暴自棄、どうにでもなれ、 どうせ私な...
人間関係
2020-06-19
本当に、気ままに書きます。。。 ランダムな投稿です。。。 人間関係って難しいですよね。 でも、面白いですよね。 私も、もう年ですし、 人に好かれようなんて思って生きてない。 若いころは、人に好かれることも大事なことだったですけど。 あと、友達の多さも関係ない。 関係の質が一番大切です。 もちろん毎日、違った人たちと接して、いろんな人間関係の作り上げ方をする人たちに囲まれて、 ふーーん、そうするんだ...
あなたは、あなたがすることによ...
2020-06-18
人は、親切な言葉や、丁寧に話すことはいくらでもできるし、 賢いことだって、知識にあふれた言葉だってたくさん話せる。 しかし、その人の行動がコンスタントに示すメッセージが人にインパクトを与え、人に印象を与えます。 また、人の行動がいつも肯定的なものであっても、その人と知り合いになり、話しをしてみてがっかりすることもあります。 人の目にいいことはしているけど、心が伴ってない場合。。。 自分の行いが、何...
九章、安全な人間関係とは?
2020-06-16
安全な人間関係の三つの要素: 1 あなたを神様に近づけてくれる 2 あなたを他者に近づけてくれる 3 私たちを、真の人になることを助けてくれる 安全な人とはどんな人でしょうか。 ありのままの私を受け入れてくれる人 私の有り様、私のすることに関わらず私を愛してくれる人 私が人を愛する能力と物事に責任感を持つことができるように影響を与えてくれる人 私の内面に愛とよい働きを作ってくれる人 私に成長する機...
鬱の人にかける言葉
2020-06-15
鬱を患っているお友達、家族に何て言ったらいいか分からな人が多いのではないでしょうか。 日本人の方は、特に、お尻を叩いて叱咤激励して励まそうとしますが、逆効果です。鬱は、病気なのです。 叱咤激励で立ち上がれたら、世話ないのです。 私も、2003-2006ぐらいのあいだ鬱でした。もっと長かったかも。。。。 私の周りに、こんな言葉をかけてくれる人がいたらどんなにか助けになったか。。。と思います。鬱の末期...
これは、Empathy (日本...
2020-06-15
癒しは、人に共感してもらう事、感情を共有し、あなたの感情を否定するでもなく、正すでもなく、あなたにただ寄り添って一緒に感じることです。 私達のミニストリーでもEmpathy練習グループを作って、もう一年になります。教会の雰囲気が変わってきました。 頭で理解するものではなく、体験して実践してみないと、共感は分からないと思います。 恥の研究者ブリネ・ブラウンさんの教えのいいビデオクリップがあるのでぜひ...
あなたの靴私の靴
2020-06-14
2020年6月14日日曜日バイリンガル礼拝メッセージ 今週も続けて、シアトルが世界のニュースの話題に上っていました。職場のミーティング中にも友達の携帯にシアトルどうなってるの?大丈夫ですか?などとテキストが他州から入るほどでした。今日も、アメリカで考えさせられる人種問題などを心にとめてお話ししたいと思います。私の職場の友達のお友達が次のような詩を書いて感動した、とシェアしてくれました。その詩がとて...
今、シアトルで毎日行われている...
2020-06-14
Your Shoes My Shoes Today I strolled a trail in my own shoes. As I walked, I stopped and saw your shoes laying on the pebbles. I thought about your shoes and where they have traveled. I tried to wiggl...
あしあと
2020-06-14
ある夜、わたしは夢を見た。 わたしは、主とともに、なぎさを歩いていた。 暗い夜空に、これまでのわたしの人生が映し出された。 どの光景にも、砂の上にふたりのあしあとが残されていた。 ひとつはわたしのあしあと、もう一つは主のあしあとであった。 これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、 わたしは、砂の上のあしあとに目を留めた。 そこには一つのあしあとしかなかった。 わたしの人生でいちばんつらく、悲...